自殺はおろかなこと

苦しいから死を選ぶというのは、自ら地獄に飛び込んでゆくおろかな行為。

飛んで火にいる夏の虫、というが地獄の火が、堕ちてゆく者にはお花畑に

見えるそうな。

病気で指が痛いから、指を切断することはあるかもしれない。

足が痛いから足を切断すると大変不便で苦しむことになるから

なるべくそうならないように治療する。

首が痛いからといって首を切断するわけにはいかないでしょ。

生きるのが苦しいからといって、この肉体を壊せば

業魂は次の新しい生を受けて、苦しみ続ける。

人間に生まれるのは大地の土から、救い上げた爪の上の土ほど。

それ以外は.....

すべては自業自得。

死にたくなるのも、自分の作った業だから

悪業を作らないように、善根を求めることを心がけて

いかねばなりません。

後生大事ですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ikiruimiwositte

Author:ikiruimiwositte
浄土真宗の伝統教学を勉強しましょう。
御本典は何度も拝読しましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード