スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチSの心のすわりは「外道」

先にあげた用管窺天記の発言は珍しいものではない。

「大乗はでたらめ、嘘っぱち」をはじめ似たような発言は何度もあった。

「仏教聞かなくても、外道のままで信心決定できる」とかね。

「キリスト教に迷った過去があったのだから親しみを感じるのは悪いことではない」と

「さよなら」でもなんとか梯実円氏をフォローしようと一生懸命だが

梯氏自身が

「 邪偽(偽)の宗教とは、宗教の名によって、自己中心的な考えを助長し、人間の我欲を煽り、
個人的な争いや>集団的な戦争を肯定して、自他ともに破滅に貶めていくような生き方を説く邪教のことです。それは仏教以外の宗教であるので、外道とも外教ともいっています。」
と批判しているのだから、恥の上塗りでしかない.

本願寺派に限らず、大谷派の僧侶や門徒でも
「教えなんかどうでもいいんだよ」と面と向かって言う人があるのは、そういうことを知れば
不思議でもない。トップがそう教えているんだから。

このブログはそういう人たちが対象ではないので悪しからず。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。