スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御本典のどこを見ても九品は方便

「人間には善人と悪人がある」という観経の九品、大経の三輩。

これみな、「十方衆生は極重悪人の一機」と知らせるための御方便。

「自分が悪人だと知らされているから方便はいらない」というのを

『信機自力の邪義』といいます。

自分が悪人だと知っている悪人はいないんですよ。

人間には罪悪観は有っても、血の流れる懺悔は無い。

そういうのを「実機を知らされた」とは言わない。

腹底はへらへら笑っている。

そいつが一大事なんですが、それを知らせるために

釈迦の娑婆往来八千遍の御苦労があるのです。






また横出あり、すなはち三輩・『九品』、定散の教、化土・懈慢、迂回の善なり。

また決定して、釈迦仏、この『観経』に三福『九品』・定散二善を説きて、かの
仏の依正二報を証讃して人をして欣慕せしむと深信すと。

安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。
この門のなかについて、横出・横超、仮・真、漸・頓、助正・雑行、雑修・専修あるなり。
正とは五種の正行なり。助とは名号を除きて以外の五種これなり。
雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・
漸教、定散・三福、三輩・『九品』、自力仮門なり。 (教行信証)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

智覚禅師は、上品上生だと、自分でも認めてたのに、忘れたの?
実機を知らされたとは、

煩悩具足と信知して

と和讃にある通り、報土往生できる身ではないと知らされること。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。