スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとえに弥陀2

また『般舟経』にのたまはく、「優婆夷聞是三昧欲学者{乃至} 自帰命仏帰
命法帰命比丘僧 不得事余道不得拝於天不得祠鬼神不得視吉良日」 といへり。
この文のこころは、「優婆夷この三昧を聞きて学ばんと欲せんものは、
みづから仏に帰命し、法に帰命せよ、比丘僧に帰命せよ、
余道に事ふることを得ざれ、天を拝することを得ざれ、鬼神を祠ることを得ざ
れ、吉良日を視ることを得ざれ」といへり。(1−9)


「一向専修の人」が外道に親しみを感じることはありませんよ。


「余道に事ふることを得ざれ」とは

「仏教以外の教えに従ってはならない」ということ。

こういう日本語もわからない真宗の学者もあるようで。

悲しいかぎりです。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。