スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今生の善根

ある時には、わが身の宿善をよろこぶべし。

かしこきもいやしきも、人おおしといえども

仏法を信じ浄土をねがうものはまれなり。

信ずるまでこそかたからめ、そしりにくみて悪道の因をのみきざす。

しかるにこれを信じ、、これを貴びて、仏をたのみ往生を心ざす、

これひとえに宿善のしからしむ也。ただ今生のはげみにあらず。

往生の期のいたれる也とたのもしくよろこぶべし。(法然上人)


「ただ今生のはげみにあらず」

「心のおよばん程はつみをもおそれ、善にもすすむべき事とこそは心えられたれ」と

いわれていても、少しもはげもうとしない者など問題外ですよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんの論理だと問題「内」

管理人さんの論理では「「心のおよばん程はつみをもおそれ、善にもすすむべき事とこそは心えられたれ」といわれていても、少しもはげもうとしない者」というものこそが「逆謗の屍」=十方衆生なのではないですか。
「聴聞を重ね、聞けぬときは思い出せ。常に悪を恐れ、善に進むべきようにこころがけて今生もはげまねば臨終には間に合いませんよ。」などといわれても「少しもはげもうとしない」という「逆謗の屍」。
管理人さんは、そんな「逆謗の屍」を「「生まれさせる」と誓われた弥陀の本願は「超世」であり生まれたのは「不可思議の信楽」」とご主張であるのに、勧めるのは「はげめ」ということなのですか。「はげめ」ないのが「逆謗の屍」なのではないのですか。

「我が名〈南無阿弥陀仏〉を聞き、我に任せて我が名を称え、浄土に生まれんと思え」ならば、まだわかるのですが……。

No title

言ってることが支離滅裂。断章取義で騙したいのか?

『和語灯録』


問ていはく、往生をねがはぬにはあらず、ねがふといへどもその心勇猛ならず、又念仏を賤しと思ふにはあらず、行じながらおろそかにしてあかしくらし候へば、かかる身なれば、いかにもこの三心具したりと申べくもなし。さればこのたびの往生をはおもひたえ候べきにや。

答ていはく、浄土をねがへともはげしからず、念仏すれども心のゆるらかなる事をなげくは、往生の心ざしのなきにはあらず。心ざしのなき者はゆるらかなるをもなげかず、はげしからぬをもかなしまず、いそふみちにはあしのおそきをなげく、いそがざるみちにはこれをなげかざるかごとし。
又このめばおのずから発心すと申す事もあれば、漸漸に増進してかならず往生すべし。日ごろ十悪五逆をつくれるものも、臨終にはじめて善知識にあひて往生する事あり。いはんや往生をねがひ、念仏を申してわが心のはげしからぬ事をなげかむ人をば、仏もあはれみ菩薩もまもりて、障りをのぞき、知識にあひて、往生をうべき也。

問ていはく、念仏の行者はつねにいかやうにかおもひ候べき。

答ていはく、あるときには世間の無常なる事をおもひて、このよのいくほとなき事をしれ。ある時には、仏の本願をおもひて、かならすむかへ給へと申せ。ある時には人身のうけがたきことはりをおもひて、このたびむなしくやまん事をかなしめ。六道をめぐるに、人身をうる事は、梵天より糸をくだして、大海のそこなる針のあなをとおさんがごとしといへり。ある時は、あひがたき仏法にあへり。このたひ出離の業をうへずは、いつをか期すべきとおもふべき也。ひとたび悪道に堕しぬれば、阿僧祇劫をふれども、三寳の御名をきかず、いかにいはんやふかく信ずる事をえんや。
ある時にはわが身の宿善をよろこぶべし。かしこきもいやしきも人おほしといへども、仏法を信じ浄土をねがふものはまれ也。信ずるまでこそかたからめ、そしりにくみて悪道の因をのみつくる。しかるにこれを信じこれを貴びて、仏をたのみ往生を志す、これひとへに宿善のしからしむる也。ただ今生のはげみにあらす、往生すべき期のいたれる也とたのもしくよろこぶべし。かやうの事を、おりにしたがひ、事によりておもふべき也。




簡単に言えば、

問い 往生を願っているが信心がありません。

答え 平生に十悪五逆を造って臨終にはじめて善知識にあって往生することもある。いわんや、往生を願って信心のないことを嘆いて念仏称えている者は往生できるのだ。

問い 念仏の行者の心得は何ですか。

答え 世間の無常をおもいなさい。本願を信じて必ずお迎えくださいと申しなさい。人身の受けがたいことを思って、虚しく死ぬことを悲しめ。遇い難い仏法に遇えたのに、今をおいていつ出離できるのかとおもいなさい。浄土を願う宿善の有ったことを慶びなさい。宿善は今世だけのことではなく、過去からのことですよ。



ということ。
信心を獲るために善に励めなどどこにもない。

念仏称えなさい

だけ。


同じ『和語灯録』


いかなるとがをもきらはねばとて、法にまかせてふるまふべきにはあらず、されば善導も{散善義}「不善の三業をば、真実心の中にすつべし。善の三業をば、真実心の中になすべし」とこそは釈し給ひたれ、又{散善義}「善業にあらざるをば、うやまてこれをとをざかれ。又随喜せざれ」など釈し給ひたれば、心のおよばん程はつみをもおそれ、善にもすすむべき事とこそは心えられたれ。


ここに「つみをもおそれ、善にもすすむべき事」とあるけど、これは

どんな罪をも嫌われないからと言って好きなように振舞ってはなりません。善導大師も仰っているように、心の及ぶ範囲で、罪を恐れ善に心がけなさい。

ということで、信心を獲るため、往生の為に善をせよと言われたことではない。


知ってか知らないでか、外しまくり。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。