「謗法と闡提のままでは救われないんだよ、これ常識ね。」出ました。究極の謗法

>謗法と闡提のままでは救われないんだよ

これが本願寺派の常識なんだ。

これでは誰も救われないよ。

救われても「断善闡提のごとくなる者」は変わらない。

法然上人が深信釈で言われている通り。

始めにまず「罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた出離の縁あることなしと信ぜよ」
といえるは、これすなわち断善闡提のごとくなる者なり。(法然上人『三部経釈』)




難化の三機は難化の三機のままで救うという教えで無ければ救われない。


無信=信不具足=闡提は実機(真実の機様)だから自性。

救われても自性は変わらないから

「さるべき業縁のもよほさば、いかなるふるまひもすべし」(歎異抄)

法謗の者でなくなったのなら法謗罪は造らない。

業種子が無ければ、縁が来ても業を起こす(罪を造る)ことは無い。

死ぬまで、縁が来れば、どんな罪でも造る者を救うという誓いが

弥陀の本願なのに

「謗法と闡提のままでは救われないんだよ、これ常識ね。」


本願寺派の教えの「常識」がこれでは誰も救われんよ。

本願寺派も終わりだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高森会の常識では、謗法のまま救われると教えているんだけど、論註にはどうあるか知ってるの?
教えてあげたよね。

「ただ正法を誹謗せしめば、さらに余の罪なしといへども、かならず生ずることを得ず。」

これは信巻にも引用された親鸞聖人のお言葉でもある。

謗法の者は救われないと、曇鸞大師、親鸞聖人が明言されていても、それを否定するのが高森会の常識。

そんな者が、真宗を名乗るの?

「申し訳ないが真宗の教義には詳しくない」

とでも宣言したら如何。

なお、「申し訳ないが浄土宗の教義には詳しくない 」とか言いながら、法然上人のお言葉に拘るって、面白いね。

自己矛盾が何もわからないみたいだね。

No title

これまでの決着事項

1.管理人さんが「教義のコメントには反論をしてきた」と自信満々に言ってきたが、反論できずに無視してきたコメントがいくつもあり、大嘘をついていた。

2.管理人さんが、「真宗学では全人類が闡提という解釈」と自信満々に言ってきたが、実は真宗学を学んでおらず、大嘘をついていた。

3.管理人さんの主張は「善ができるのは還相の菩薩のみ」というであり、聖道門は還相の菩薩のための教えというのと同様に、定散二善も還相の菩薩のための教えとなる。よって悪凡夫・逆悪の機・極重悪人には聖道門が関係ないのと同様、定散二善も関係がない。つまり、逆謗の機に定散二善を勧められたという高森顕徹会長の教えは、管理人さんによって完全に否定された。

4.管理人さんの考えでは、雑毒の善は悪ではなく、善導大師の仰る「仏法・世俗の二種の善根」に入るので、雑毒の善ができる人は、「仏法・世俗の二種の善根あることなし」の下輩ではない。つまり、雑毒の善ができる人は、中輩か上輩である。

5.親鸞聖人は常没の凡愚でも雑毒の善のできることを認めておられるので、常没の凡愚にも「仏法・世俗の二種の善根」のある人が少なからず存在する。つまり、常没の凡愚には定散二善をすることは「かたし」難しいということであって、「不可」可能性ゼロではない。

6.親鸞聖人は御本典において『涅槃経』を引用されて、下根である闡提の者が、中根・上根という闡提ではない者に変わることを示されている上、他の御著書でも闡提は悪人の一部の機としてしか表現されていない。

7.親鸞聖人は御本典において、曇鸞大師の「ただ正法を誹謗せしめて、さらに余の罪なしといへども、かならず生ずることを得じ」を引用された後、善導大師の「謗法・闡提、回心すればみな往く」を引用されているので、謗法・闡提の者がそのままでは救われず、謗法・闡提の者でなくなって救われると教えられた。つまり、全人類が闡提という考えは、親鸞聖人には無い。

8.管理人さんは、闡提は無間業と主張しているが、親鸞聖人は「本願毀滅のともがらは  生盲闡提となづけたり 大地微塵劫をへて ながく三塗にしづむなり」(高僧和讃)と無間業ではないと否定されている。

9.管理人さんは、大乗の五逆罪を無間業と主張しているが、親鸞聖人は三乗の五逆罪について御本典で「無間業と名づく」と明言された後、大乗の五逆罪についてはそのようなお言葉は一切ない。つまり、大乗の五逆罪が無間業という根拠は皆無である。

10.因果を深く信じる必要があるのは、上品上生と上品中生だけで、上品下生以下には、「因果の道理に疑いを生じてはならない」という前提は当てはまらない。つまり、管理人さんの断章取義が確定。

11.上品上生は「大乗を修学する上善の凡夫人なり」(観経疏)、上品中生は「大乗次善の凡夫人なり」(観経疏) とあるように、因果を深く信じた凡夫と善導大師は定義されているので、因果を深く信じた凡夫が存在する前提でしか善導大師は仰っていない。

12.結局、「常没の凡夫には善ができない」と管理人さんは喚いていますが、親鸞聖人は「定散諸機」と「逆悪の機」を明確に区別されて、結局、「常没の凡夫には善ができる者とできない者がある」としか仰ってない。しかも善のできる凡夫である定散諸機に対して定散二善を勧められている、と親鸞聖人が仰ったことで、決着。

13.いろいろ書いてみるが結局、「全人類が闡提、自性が闡提」という親鸞聖人の御文は無いわけです。
結局、祖師の御文は無かったんですね。真宗じゃないってことですよ。
で決着。

No title

ついでに親鸞会でも有名な御文ですが前の部分と併せて紹介しておくよ。


「往生の金剛心のおこることは、仏の御はからひよりおこりて候へば、金剛心をとりて候はんひとは、よも師をそしり善知識をあなづりなんどすることは候はじとこそおぼえ候へ。」


阿弥陀仏のお計らいによって救われた人は、師を謗ったり善知識を軽んずるようなことはある筈もない、だってさ。

管理人さんと親鸞聖人とは意見が違うようですね。

No title

管理人さんは長々と記事を更新していますが、コメント欄でしてきされている通り、

>13.いろいろ書いてみるが結局、「全人類が闡提、自性が闡提」という親鸞聖人の御文は無いわけです。
>結局、祖師の御文は無かったんですね。真宗じゃないってことですよ。
>で決着。

祖師の御文で答えることは1回もできていないのですよね。

これに答えられるまでは、誰がみても、管理人さんの負けです。

No title

管理人さんは相手からの質問には全く答えられず、
さも反論しているかのように自論を展開するが、
全く相手の質問には答えずごまかずだけ。

親鸞会の人たちと同じ手法です。

親鸞会に疑いをもった会員を引き止めるために、
時々、ブログを更新していますが、
あまり効果はないようですね。

もう少し相手に真正面から反論しないと、
会員の心は引き止められませんよ。

無理かもしれませんが、
引き続き、がんばってください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード